よくある質問

ラブアン法人について概略を教えてください。

ラブアン島(Labuan) はマレーシアのサバ州、コタキナバル近くの島で、政府が直轄するいわゆるタックスヘイブンと呼ばれる

経済特別区です。

Labuan Off Shore Financial Services Authority 通称 LOFSA または FSA と 呼称される、ラブアン国際ビジネス金融管理局の

承認を得て法人を設立すると、法人税が監査済み純利益の3%か定額のRM20,000 (約70万円)をどちらかを選択して

納税する事ができます。

ただし、ラブアン法人はマレーシア国内の取引が禁止されておりますので、ご注意ください。

非居住者の外国人も代表者になる事が出来ますし、法人設立も「マレーシア法人設立」に比較して費用は掛かりますが、設立条件は

緩和されています。

詳細は弊社までお問合せください。

 


お問合せ・お申込み