よくある質問

マレーシア進出で法人設立後、事業の許認可を得るまでの期間と費用、その準備期間の仮オフィスについて教えて下さい

マレーシア進出において、マレーシア法人設立後は業種によって州もしくは官公庁の開業許認可を得る必要があります。

この認可を得る迄の期間は申請先が州なのか、中央政府の官公庁になるのかによって異なります。

州に対する許認可であれば1ヶ月から3ヶ月位、官公庁に対して行われる場合は2ヶ月から半年位掛かります。

製造業や大型事業(投下資本RM400万以上)になると、3ヶ月から半年を目安にして下さい。

許認可取得費用は、事業内容によって異なります。

一般的な事業でRM5,000(税別)からRM7,000位です。

大型事業や特殊な事業の場合は、その都度確認してください。

許認可を取得するまで開業は出来ませんが、それまでのマレーシアオフィス(仮事務所)は、3ヶ月で

RM6,000(税別)で借りられます。

この期間はクアラルンプールの中心地に住所が借りられ、電話の応対を始めマレーシアオフィスに看板を出すことが出来て、許認可に際しての事務所視察にも対応出来ます。

許認可取得が3ヶ月以上になる場合は、更に3ヶ月RM500(税別)で延長出来ます。

このマレーシアオフィス・プランが一番経済的な方法だと思います。

以上です。


お問合せ・お申込み